本文へスキップ

トリッパーエアボードのタイムスケジュール

電話でのお問い合わせはTEL.0581-58-2400

E-Mail tripper@email.plala.or.jp

エアーボードタイムスケジュールTIME schedule

エアーボードコース毎の行程表 ※スキー場利用のエアボードコースの行程表です

1日コース  半日コース  JRコース 

※大まかなスケジュールです。人数等条件によってスケジュール内容は多少変わります。
エアーボード1日コースのタイムスケジュール

時間  イメージ  内容 
9:00  エアボード集合

【スキー場集合・受付】

休憩所内の【エアーボード集合場所】看板前にご集合下さい。
※集合前に用品レンタル、着替えは済ましておいて下さい。
受け付け開始、プログラムの案内、書類の記載後エアボードの開始です。

9:30   エアボード止まる練習

【基本操作の練習】

怪我防止にストレッチで体をほぐします。エアーボードの構造説明が終わったら、平地で【止まる】【曲がる】の基本練習をみっちりやります。

10:00   エアボード曲がる姿勢

【いよいよゲレンデに】

遂にゲレンデへ。まずは緩斜面で動きを交えて更に【止まる】【曲がる】をマスターしましょう。始めは上手くいきませんが、徐々に乗れてきます。焦らないで下さい。

11:00   エアボード曲がる練習

【連続ターン習得】

基本的な動きが出来るようになったら今度は連続ターンの練習。徐々にエアーボードの扱いに慣れてくるのが実感してきます。スピードを出しすぎたらさっき習った【止まる】姿勢が自然と出来るはずです。

11:30   エアボード急斜面の練習

【急斜面に挑戦】

練習を繰り返せばある程度の急斜面も滑る事が可能です。体重移動、目線、足の使い方に意識して更に上達を目指しましょう。

12:00   エアボードランチタイム  【ランチタイム】
ランチは各自となっております。スキー場内にはレストランが併設されていますので、ご利用下さい。午後ツアーに備えてしっかり休憩してください。
13:00  エアボードトンネル潜り

【更にステップアップ】

午後から滑りを上達させる為に、フラフープ等小道具を使って遊びながら腕を磨きます 

14:00   エアボードツリーラン

【色々なコースに挑戦】

上達の具合を見て色々なコースにチャレンジ。いつの間にか自由にコントロールできている自分に気づく事でしょう。

14:30   エアボードティータイム

【小休止・お茶タイム】

ちょっと一息、ティータイム。温かい飲み物を飲んでエナジーチャージ!
※休憩は天候によって場所、時間帯が変わります。

15:30   エアボードジャンプ 【滑り収め

ツアー時間終了まで徹底的に思い残すことなく、エアボードで滑りまくりましょう。いつの間にかゲレンデに見事なシュプールを描いているかもしれません。

15:40   エアボードスノーフラッグ選手権 【スノーフラッグ選手権で閉めましょう】
最後はスノーフラッグ選手権でエアーボードを閉めます。本日の勝者は誰だ!!  
16:00   エアボード解散  【ツアー終了・解散】

最後のひと滑りをしたらエアーボード終了です。レンタル品を返却ののち解散です。帰りの雪道は十分に気を付けてご帰宅ください。


エアボード半日(午前・午後)コースのタイムスケジュール

9:00
12:50 
エアボード受付

【スキー場集合・受付】

休憩所内の【エアボード集合場所】看板前にご集合下さい。※集合前に用品レンタル、着替えは済ましておいて下さい。
受け付け開始、プログラムの案内、書類の記載後エアボードの開始です。

9:30
13:30 
エアボード止まる基本姿勢

【基本操作の練習】

怪我防止にストレッチで体をほぐします。エアボードの構造説明が終わったら、平地で【止まる】【曲がる】の基本練習をみっちりやります。 

10:00
14:00
 エアボードエッジで曲がる

【いよいよゲレンデに】

遂にゲレンデへ。まずは緩斜面で動きを交えて更に【止まる】【曲がる】をマスターしましょう。始めは上手くいきませんが、徐々に乗れてきます。焦らないで下さい。

 
10:10
14:10 
エアボード万歳で止まる

【エアボードは止まる事が重要】

止まる方法は3ステップあります。徐々に覚えて最後にはかっこいい止まり方をマスターしましょう。

10:30
14:30 
 エアボード操作レッスン

【まずは1ターンから練習】

始めは確実に1ターンずつ練習します。最初は曲がっていないように感じますが、確実に曲がっていますので、あきらめずしっかり体重移動を続けましょう。

11:00
15:00
 エアボード体重移動で曲がる

【連続ターン習得】

基本的な動きが出来るようになったら今度は連続ターンの練習。徐々にエアボードの扱いに慣れてくるのが実感してきます。スピードを出しすぎたらさっき習った【止まる】姿勢が自然と出来るはずです。

11:10
15:10 
 エアボード小道具を使ってレッスン

【遊びを取り入れて技術習得】

遊びを取り入れることで、いつの間にか曲がれるようになってきます。エアボードでトンネルを作ったり、リフトの柱を目標に曲がってみましょう。

11:30
15:30
 エアボードビューティフルラン

【急斜面に挑戦】

練習を繰り返せばある程度の急斜面も滑る事が可能です。体重移動、目線、足の使い方に意識して更に上達を目指しましょう。まずは基本に戻って1ターンずつ刻みましょう。

11:40
15:40 
エアボードロングラン

【仕上げは気持ちよくエアボードラン】

急斜面に対応できるようになったら、個々の実力によって、スタート地点を変えてエアボードランを楽しみましょう。無理せず自分の気持ちのよいスピード感を楽しんで下さい。

12:00
16:00 
 エアボード終了 【ツアー終了・解散】

最後のひと滑りをしたらエアーボード終了です。レンタル品を返却ののち解散です。帰りの雪道は十分に気を付けてご帰宅ください。


エアボードJR岐阜駅送迎コースの工程表

10:00  【JR岐阜駅中央南口集合】 
全員集合後トリッパー車両にてエアボードフィールドである、スキー場を目指します。 
12:00   【スキー場到着】
到着後着替えと各自昼食を取りましょう。スキー場内にはレストランがあります。
12:50 

【受付】

受け付け開始、プログラムの案内、書類の記載後エアボードの開始です。 
※以後エアボード午後コースとタ行程は同じです。  
16:00  【ツアー終了・温泉地に向けて出発】

最後のひと滑りをしたらツアー終了です。着替え、レンタル品を返却ののちトリッパー車両にて温泉に向かいます。

17:30  【温泉入浴】 
JRに戻る途中にある温泉に寄りエアボードで遊んだ疲れを癒します。約1時間ありますのでゆっくり体を温めて下さい。 
19:30  【JR岐阜駅到着】
長い1日お疲れ様でした。気をつけてお帰り下さい。 
*途中の交通状況により大幅に到着が遅れることもありますのでご了承下さい。